杉田英樹のブログ

「しゃべるブログ」のケンタロウ君シリーズ3回目は、「仕事は楽しいものなのか?」

趣味が高じて楽器メーカーに就職したケンタロウ君。趣味が仕事になると、楽しくなくなると聞いたことがあります。楽しく仕事をするために意識すべきことは何でしょうか?

ハラリ氏の『21 Lessons』をロリケン(「論理と倫理」研究会)で読む。
よくTVに登場する歴史学者による、未来の課題を正しく理解するための21のレッスン。

ITとバイオテクノロジー(BT)が人間を変えていく。
AIなどのITの成果を享受できる高所得者とそうでない人たちがいる。
バイオテクノロジーにより、健康や知能もお金で買えるようになる。
一部の高所得の超人的人間と、その他の無用なホモ・サピエンスに二分化するというディストピアが描かれている。

そんな未来に対して、いたずらにビビるのではなく、まずは正しく課題をみつめようではないか、というのが本書のテーマ。

詳細はこちら

「しゃべるブログ」のケンタロウ君シリーズ2回目は、「仕事のコミュニケーション」

インターンで痛感したのが開発部門と工場のコミュニケーションの重要性。
技術畑の彼にとって、先輩方とのコミュニケーションは大きな不安です。

第5回のテーマは、「大学院生が就職の際に気になっていること」。

わが社のエースアルバイター、ケンタロウ君が某メーカーに内々定しました。
就職に向けて彼が気になっていることに答えていきます。
3回シリーズのパート1は「仕事の評価」について。
大学ならテストなどで成績が決まりますが、会社ってどうなんですか?という話題です。

第4回のテーマは、出張ヨガ「Juna(ジュナ)」を経営するアラガネさんと対談し、オンライン化のアイデアをいろいろ考えてみました。

○オンラインは1対多を1対1に転換しやすい
○リアルでの雑談をオンラインでする
○テーマを絞ったイベント
○ワンウェイとツーウェイの組み合わせ
○オンラインは時間の制約がなくなる
etc.

第3回のテーマは、待ったなしで進んでいくオンラインでのコミュニケーションについて。
この対談もオンラインです。

○ ルート営業にテレ商談を活用する
○ テレ会議の方がリアルの会議よりよいこともある
○ 企業研修もオンライン化でやり方が変わる

The_Basic_Issues_of_Management_Cover_01

このたび、小冊子『経営の基本課題』を発刊いたしました。
全体で40ページとコンパクトな小冊子ですので、経営の基本課題を一望できます。
マネジメントに携わっている方々の共通の言葉として共有いただければ幸いです。

なお、国境を越えたコミュニケーションを念頭に置き、日本語、英語、中国語(簡体字)で同じ内容を記しています。

日本企業は、多様な人々のマネジメントにおいて、強みを持つことが不可欠だと考えています。
外国の方々とも、経営のビジョンや課題について、大いに議論いただきたいと思っています。

This booklet summarizes the issues of management, and is written in Japanese, English and Chinese (Simplified) to facilitate cross-border communication.

本手册对经营中的课题进行了简单的汇总。考虑到跨越日本国界的沟通,同时准备了英文版和简体中文版。

詳細はこちら

第2回のテーマは「転職~人事労務職のキャリア」です。

§1 タカヤマさんは人事労務の仕事がしたい
§2 杉田のコンサルティングのキャリア/人事からマーケティングへ
§3 人事労務サービスの専門家という道/一般企業の人事部門は狭き門
§4 人事労務は経営そのもの /人事部長は採用できるか?/人事のトップは経営がわかる人がいい
§5 給与計算はアウトソーシングすべき/コア人財のイメージが不可欠/コア人財育成を手放したら終わり
§6 一般企業のスペシャリスト像/事業会社は経営が醍醐味/専門家をディレクションする
§7 なんでもやる精神を持つ

文字のブログと並行して、対話による「しゃべるブログ」を始めました。
第1回のテーマは物流の人手不足問題です。
§1 トラックドライバーが不足
§2 昔はドライバーにステイタスがあった
§3 ドライバーをあこがれの仕事にする
§4 デコトラがいいんじゃないか
§5 あなたの仕事はカッコいい?
§6 標準化オンリーだと気持ちはアガらない
§7 楽天の送料無料化と物流のフェアトレード

3月7日(土)に予定しておりました桜橋ビジネス勉強会は、新型コロナウィルスの感染・拡大防止の観点から中止とさせていただきます。
ご登壇予定のゲストの方、参加ご予定の方には大変申し訳ございませんが、悪しからずご了承ください。
時期を見て、改めて企画させていただきたいと思います。

Sugita’s Tweets

連絡先:
〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地2-3-13
若杉大阪駅前ビル7階
tel/fax:06-6131-7861

地図はこちら
お問合せ

アーカイブ