杉田英樹のブログ

【オンライン参加も可能!】
観光業界における希望のつくり方
―エイチ・アイ・エスと星野リゾートのたゆまぬ経営革新-

コロナ禍で深刻なダメージを受けた観光業界。もはや目新しい情報ではありませんが、昨年10月の訪日外国人数、日本人出国者数は前年の2%弱にとどまり、「海外旅行」市場は壊滅状態です(https://www.tourism.jp/tourism-database/stats/)。また、同月の国内旅行市場は「GoToトラベル」の後押しを得ながらも前年対比61%であり、足元の感染拡大を受けてさらに減少することが予想されます(https://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/content/001378815.pdf

このような過酷な市場環境のなか、説得力のある形でビジネスの希望をつくることは果たして可能なのでしょうか? 今回は、観光業界の代表企業であるエイチ・アイ・エス星野リゾートを取り上げ、絶望的な状況で繰り出した彼らの打ち手を見たいと思います。

エイチ・アイ・エスは、1980年に格安国際航空チケット販売の先駆者として事業をスタートさせ、2019年10月期の連結売上高は8,085億円と巨大企業に成長しています。コロナ禍前から、「ハウステンボス」「変なホテル」の運営など、新規事業に積極的に取り組んでいます。星野リゾートは、リゾートホテルや温泉旅館の経営・運営受託を手がけています。「星のや」や「界」といったブランドはいまや広く知れ渡っています。コロナ禍では、施設近隣から客を呼び込むマイクロツーリズムを提唱しています

今回は座長が資料を作成し、解説をします。幸いにも、両社はメディアで熱心に情報発信をされていますので、オープン情報を基に施策を整理します。また、コロナ禍以降の打ち手だけではなく、それ以前の取り組みも明らかにし、たゆまぬ経営革新の流れを読み取りたいと思います。

もちろん、彼らの打ち手が功を奏するかどうかは分かりません。しかし、貴重なケーススタディとして現時点での情報を共有したうえで、両社の次の手に頭を巡らせながら、私たち自身のビジネスのかじ取りを考える場にしたいと思います。なお、コロナ感染の状況が見通せませんので、リアル参加およびオンライン参加の両方を受け付けます。

PDFのパンフレット

●日時:2021年2月6日(土)14:00~17:20

●リアル会場:若杉大阪駅前ビル7階会議室(弊社オフィスの隣の部屋です)
ZETA_MAP_2012_RGB
詳しい地図を見る

●定員:20名(先着順)

●会費:3,000円(税込)

●対象者:ビジネスについてみんなとワイワイ意見交換したい人(経営の経験・知識は問いません)

 

sanka

一家団らんで、のほほんとミュージックステーションなんかを見ているときに呼び鈴が鳴る。

玄関ののぞき窓から見えるのは、髪がぼさばさでよれよれの服を着た初老の男。

マスクもせずに、腹ペコなので何か食べさせてくれと言っている。

さて、あなたはどうするでしょうか。

申し訳ないが帰ってくれと丁重に言うか、どなりつけて追い返すか、110番に通報するか。
詳細はこちら

製品や事業にはライフサイクルがあり、栄えたビジネスもいつかは衰退する。

その危機感が、企業を多角化に向かわせます。

安定してキャッシュを稼ぐ「金のなる木」から、投資が必要な「花形製品」や「問題児事業」にお金や人材をまわし、将来の事業基盤を築いていく。

企業単位で事業のポートフォリオを構成する、ボストンコンサルティングの古典的なPPMの考え方です。

 

最近の投資家の言い分は、これとは違うようです。

本業の収益性を磨くことが経営の本分で、新たな事業に手を出すくらいなら自社株買いなどで株主に資金を還元すべきだというものです。

餅屋は所詮、餅屋。餅しか上手に作れないのだから、へたくそな事業に手をかけるべきでないと。

株主は還元された資金を他のベンチャー企業などに投資することで、ポートフォリオを構成します。

企業単位ではなく、社会の単位で企業が新陳代謝してくのが合理的だという考え方です。

詳細はこちら

ある集団の優劣の根拠を文化的な背景に求めることは、形を変えた人種差別であるとユヴァル・ノア・ハラリ氏は『サピエンス全史』で指摘しています。

「○○地域は伝統的に家庭教育がしっかりしているので、よい政治家や経営者を多く輩出している。だから○○地域出身者は優れている」という言い方がそれに当たります。

○○地域に生まれたという出自・血統を単に文化という言葉に置き換えているだけで、裏を返せば、その他の地域・出自を差別しているということです。

さらに、ある個人の特徴を集団の属性に求め、勝手に優劣の評価軸に乗せることは、その人の個性を集団のカラーで塗りつぶすことになり、認識上の暴力とさえいうことができるでしょう。

したがって、「○○地域の文化は優れている」という言い方は慎重でなければいけません。

このことは、書籍『大阪の逆襲』の著者陣の一人として、常に気にかけていたことでもあります。
詳細はこちら

「しゃべるブログ」のケンタロウ君シリーズ3回目は、「仕事は楽しいものなのか?」

趣味が高じて楽器メーカーに就職したケンタロウ君。趣味が仕事になると、楽しくなくなると聞いたことがあります。楽しく仕事をするために意識すべきことは何でしょうか?

ハラリ氏の『21 Lessons』をロリケン(「論理と倫理」研究会)で読む。
よくTVに登場する歴史学者による、未来の課題を正しく理解するための21のレッスン。

ITとバイオテクノロジー(BT)が人間を変えていく。
AIなどのITの成果を享受できる高所得者とそうでない人たちがいる。
バイオテクノロジーにより、健康や知能もお金で買えるようになる。
一部の高所得の超人的人間と、その他の無用なホモ・サピエンスに二分化するというディストピアが描かれている。

そんな未来に対して、いたずらにビビるのではなく、まずは正しく課題をみつめようではないか、というのが本書のテーマ。

詳細はこちら

「しゃべるブログ」のケンタロウ君シリーズ2回目は、「仕事のコミュニケーション」

インターンで痛感したのが開発部門と工場のコミュニケーションの重要性。
技術畑の彼にとって、先輩方とのコミュニケーションは大きな不安です。

第5回のテーマは、「大学院生が就職の際に気になっていること」。

わが社のエースアルバイター、ケンタロウ君が某メーカーに内々定しました。
就職に向けて彼が気になっていることに答えていきます。
3回シリーズのパート1は「仕事の評価」について。
大学ならテストなどで成績が決まりますが、会社ってどうなんですか?という話題です。

第4回のテーマは、出張ヨガ「Juna(ジュナ)」を経営するアラガネさんと対談し、オンライン化のアイデアをいろいろ考えてみました。

○オンラインは1対多を1対1に転換しやすい
○リアルでの雑談をオンラインでする
○テーマを絞ったイベント
○ワンウェイとツーウェイの組み合わせ
○オンラインは時間の制約がなくなる
etc.

第3回のテーマは、待ったなしで進んでいくオンラインでのコミュニケーションについて。
この対談もオンラインです。

○ ルート営業にテレ商談を活用する
○ テレ会議の方がリアルの会議よりよいこともある
○ 企業研修もオンライン化でやり方が変わる

Sugita’s Tweets

連絡先:
〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地2-3-13
若杉大阪駅前ビル7階
tel/fax:06-6131-7861

地図はこちら
お問合せ

アーカイブ