ロリケン

論理と倫理研究会、通称ロリケンのページです。

多くは採れない美味しい野菜が地元で流通している。

その評判がいつしか東京に伝搬して、見知らぬバイヤーなんかがやってきて注文が殺到する。

高い価格でも買いたい人がいるから値段が上がる。

そんなことで地元の食卓には上らなくなる。

東京にはライバルがたくさんいるので、生産者は形をよくしたり梱包を工夫したり、ネットの直販も始めたりする。

詳細はこちら

明治の時代になって欧米に追いつけ追い越せとなった時、先人は外国語の翻訳に苦労した。

問題は翻訳しようにも、そもそも対応する言葉がなかったこと。

社会(society)、個人(indivisual)、権利(rights)などなど、私たちが普通に使っている言葉でさえ、その時代の造語である。

対応する言葉がないということはそれを実践する習慣もないということで、つまり誰もよくわからないということだ。

詳細はこちら

マーケティング研究会(まーけん)を始めてかれこれ9年。実体がマーケティングの話題に限らなくなり、かつ興味の矛先が変わってきたので、「論理と倫理研究会(ロリケン)」に改称。 「倫理」を持ち出したのは、ビジネスには論理では語れない、愛や正義といった本来的に大事にすべきものがあるよね、ということ。結果、なんでもアリの会になった。
 
第1回目で取り上げたのは『歴史を哲学する』(野家啓一、岩波現代文庫、2016年)。歴史について、わたしとあなたが「なるほど、それはそうだね」と共通認識を持つにはどうすればよいか。そもそもそれは可能なのか。 そのような「歴史の認識論」が本書のテーマである。
 
詳細はこちら

Sugita’s Tweets

連絡先:
〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地2-3-13
若杉大阪駅前ビル7階
tel/fax:06-6131-7861

地図はこちら
お問合せ

アーカイブ