桜橋ビジネス勉強会#16

【1つのテーマをみんなで考え、ワイワイと意見を交換する勉強会のご案内です】

子会社の人材育成を考える
~宝ホールディングスの事例を通じて

人間の親子関係は一筋縄でいかないものですが、企業経営も同様です。
えてして親会社は子会社を厳しいコントロール下に置きたがり、ときには雇用の受け皿にしたい。
子会社は自由を求めて親会社の束縛を嫌いつつ、いざというときには親がなんとか助けてくれる
だろうという甘えを持つ。

その一方で、親会社の成長が頭打ちになると、子会社に積極的な業容拡大が期待されます。
子会社といえども親の庇護のもとの”箱入り”を脱し、市場競争の荒波を生き抜くことが求められます。
親の子離れ・子の親離れというテーマが、最近とみに顕在化してきたように思います。

今回は、宝酒造を中核とした宝ホールディングスの傘下にある大平印刷株式会社の経営事例を、
同社副社長の水野整さんにお話しいただきます。
水野さんは、宝酒造で経営企画、原価管理の再構築を担当された後に昨年現職に就き、
経営改革を進めておられます。

勉強会では、同社の事例を基に、子会社がビジョナリー(未来志向)な経営をする仕組みや
仕掛けについて、特に人材育成を中心的に議論したいと思います。
(ちなみに、座長の仕事でも、子会社の人材育成に携わることが増えてまいりました)

なお、水野さんからは年末年始恒例の「スパークリング清酒『澪』」をご提供いただきます。
こちらも是非お楽しみに。

12月16日、無事終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

Sugita’s Tweets

連絡先:
〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地2-3-13
若杉大阪駅前ビル7階
tel/fax:06-6131-7861

地図はこちら
お問合せ

アーカイブ