親指シフト断念 (2012/10/8)

親指シフトは断念した。

昨年末から修行を重ねてきたが、ついにお別れの時がきた。

10ヶ月が経ち、命であれば誕生を迎えようという時期に、苦渋の決断である。

 

理由の一つは腱鞘炎になったこと。

専用キーボード用を前提にしてつくられた運指なので、普通のキーボードでは少々無理がある。

手首に負荷がかかり、病院で腱鞘炎という診断が下されてしまった。

 

次の理由は、自分専用マシンでしか使えないこと。

自分のPCにキー配列のエミュレーターを入れて使っていた訳だが、他のマシンに向かうとスムーズに文字が打てない。

そのような場面になると、打ち間違えが頻発する相当怪しいビジネスマンになる。

文字も満足に打てないのか、という目線が気になる。

 

3つ目の理由は、英文もちょっとは書かなきゃという意識になったこと。

滅多に機会はないが、アルファベットに慣れておかないと、という保険意識。

 

という訳で、今日の仕事からローマ字入力に戻す。

最初はこうも忘れているものかというほどボロボロ。

夜になるとそこそこのスピードに。

昔の彼女とよりを戻したような感覚ですね。

浮気をやめて身元を固めて、せいぜい仕事に精を出すことにしよう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Sugita’s Tweets

連絡先:
〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地2-3-13
若杉大阪駅前ビル7階
tel/fax:06-6131-7861

地図はこちら
お問合せ