ビジネスを思考する基本をつくる

会計・マーケティング・戦略を一体としてイメージする

ビジネスを進める方向示す「戦略」は前輪。
結果として獲得されるお金を記録する「会計」は後輪。
お金を生み出す「マーケティング」活動は後輪に動力を伝えるペダル。
ビジネスは、これらが一体となった自転車とイメージすることができます。

 

会計は近視眼になり、マーケティングは疲弊し、戦略は独善に陥る

しかし、これら3つの考え方は、それぞれに長所と短所があり、
互いに矛盾している部分があります。

たとえば、「会計」に立脚した思考は短気成果を求めて近視眼的になり、
「マーケティング」は機動性を要求するために組織が疲弊し、
「戦略」は組織の秩序を重んじるばかりに独善的な思考に陥る可能性があります。

 

バランスのとれたビジネス思考の基礎をつくる

私たちは、これらの思考の特徴を理解した上で、
バランスのとれた意思決定をする必要があります。

弊社の「ビジネス基本プログラム」は、「会計」「マーケティング」「戦略」を
統合的にバランスよく学び、ビジネスを考える基礎を築きます。

→ビジネス基本思考とは
→企業研修カリキュラム例

  

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Sugita’s Tweets

連絡先:
〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地2-3-13
若杉大阪駅前ビル7階
tel/fax:06-6131-7861

地図はこちら
お問合せ

アーカイブ