COMPANY's Dr. LOG

小説

第1話 目標さんの駆け落ち(その1)

僕は経営診療所の所長。やってくる患者さんは人間ではなく、「概念さん」。経営で使われるさまざまな言葉が人間の形をして診療所にやってくる。たとえば、「目標さん」とか「コンセプトさん」とか。そういった「概念さん」の悩みを解決することが僕らの仕事。言葉の意味を確認し、経営でうまく仕えるように解決策を処方する。それが僕たちの使命。言わば、「概念さん」のかかりつけ医だ。

診療所は喫茶店の中にある。経営パートナーのバッドさんがやっている「喫茶メタフィジック」が面談室兼執務室。バッドさんは年長の、とある企業の元役員。リタイアした後、暇つぶしに友人の喫茶店を受け継いだら、おかしな概念さんがやってくるようになった。
彼ら、彼女らの悩みを何とかしてあげたいと、バッドさんが幼馴染のコンサルファームの社長に相談して、そこに勤めていたのが僕。それが縁となって、一緒に診療所を開設することになった。

バッドさんの本名は坂東さん。長身でいかつい風貌で見た目が悪そうだから、自然とそれが愛称になった。バッドは「悪い」という意味だけど、アメリカのスラングでは「かっこいい」という意味にもなるから、本人もいたって気に入っている。「かっこいいものはたいてい社会の規範からはずれた悪いもの」というのがバッドさんの信念。

バッドさんは経営の一般論も無視するし、患者さんが気分を害するようなこともはっきり言う。「うまくいったのは、運がよかっただけじゃない?」というような、それを言っちゃあ台無し、ということも平気で言う。でも、それゆえ、ついつい賢く切り抜けようとする僕にとってはありがたい。ちなみに、僕の名前は工藤で、みんなからはグッドさんと呼ばれている。こちらはいたって平和で無害な愛称だ。バッド&グッドで「概念さん」の相手をする。

患者の「概念さん」はたいていがバッドさんと友達で、彼を慕ってやってくる。今日の患者は「目標さん」。英語で言えば”Goal”。そう、年度目標とか四半期目標とかの「目標」だ。目標さんは、バッドさんにはちょっと苦手なタイプらしい。
「会社って、目標さんとの闘いだろ。常にそこにいて、プレッシャーをかけてくる。仕事をリタイヤして一番初めに感じたのは、もう目標さんと付き合わなくていいということ。解放された気分だったよ」とバッドさん。
「バッドさんでもそんな風に感じるんですね」と僕。いかつい見た目とは違って、バッドさんは心が繊細だ。
「確かに目標さんのメッセージは、君たちここを目指せ、まだまだ不十分だ、ということですもんね。でも、目標さんがいるから頑張れるということもありますよね。優勝目指してみんな頑張ろう!とか」
「まあな。でも俺は昔から目標さんとはそりが合わなくてな。彼女はなんか、偉そうなんだよ。押しが強いし、見下ろされる気がしてね」
「へえー。で、今回はいったいどんな相談なんでしょうね。わざわざバッドさんに連絡してきたんですよね?」
「彼女は気持ちの浮き沈みが激しんだ。経営の調子がいい時はみんなにチヤホヤされるけど、景気が悪くなると途端に無視される。多分何かあって落ち込んでるから、気分をアゲてほしいんじゃないかな? グッドさんがばっちり相手をするって言ってあるから、よろしくな」

(その2に続く)

一覧へ戻る