ゼータコンサルティング株式会社

桜橋ビジネス勉強会#16

【1つのテーマをみんなで考え、ワイワイと意見を交換する勉強会のご案内です】

子会社の人材育成を考える
~宝ホールディングスの事例を通じて

人間の親子関係は一筋縄でいかないものですが、企業経営も同様です。
えてして親会社は子会社を厳しいコントロール下に置きたがり、ときには雇用の受け皿にしたい。
子会社は自由を求めて親会社の束縛を嫌いつつ、いざというときには親がなんとか助けてくれる
だろうという甘えを持つ。
 
その一方で、親会社の成長が頭打ちになると、子会社に積極的な業容拡大が期待されます。
子会社といえども親の庇護のもとの”箱入り”を脱し、市場競争の荒波を生き抜くことが求められます。
親の子離れ・子の親離れというテーマが、最近とみに顕在化してきたように思います。
 
今回は、宝酒造を中核とした宝ホールディングスの傘下にある大平印刷株式会社の経営事例を、
同社副社長の水野整さんにお話しいただきます。
水野さんは、宝酒造で経営企画、原価管理の再構築を担当された後に昨年現職に就き、
経営改革を進めておられます。
 
勉強会では、同社の事例を基に、子会社がビジョナリー(未来志向)な経営をする仕組みや
仕掛けについて、特に人材育成を中心的に議論したいと思います。
(ちなみに、座長の仕事でも、子会社の人材育成に携わることが増えてまいりました)
 
なお、水野さんからは年末年始恒例の「スパークリング清酒『澪』」をご提供いただきます。
こちらも是非お楽しみに。

※事前知識は必要ありません。座長がレジュメを用意します。

PDFの詳しいご案内

●日時:2017年12月16日(土)14:00~17:30

●会場:若杉大阪駅前ビル7階会議室(弊社オフィスの隣の部屋です)
ZETA_MAP_2012_RGB
詳しい地図を見る

●定員:20名様(先着順)

●会費:3,000円(税込)

●対象者:ビジネスについてみんなとワイワイ意見交換できる人(経営の経験・知識は問いません)

 

sanka

北京ツアー報告第二弾(桜橋ビジネス勉強会)(2017.10.21)

作日、桜橋ビジネス勉強会で、北京ツアーの報告会を行った。

以下は報告、意見交換を経た後の私個人の備忘録。

zentai

詳細はこちら

中国は国ごと会社だと考えればよいという説 (2017.10.17)

多文化人材情報センターの中津さんのコーディネーションで、2泊3日の弾丸北京ツアーに行ってきた。

一見ボロボロのバイクや三輪車はほとんど電動で、GPS付きのレンタル自転車が瞬く間に生活インフラとなり、アリペイやWeChatはキャッシュレス決済機能を装備し、ランチもネットで注文してオフィスに届けてもらうのがスタンダードな先進都市だった。

一方でインターネットは制限され、街角には共産党のスローガンがあふれ、五つ星ホテルのフロントのお姉さんには笑顔がなく、観光客相手のタクシードライバーは近距離お断りだった。

bike_R0016027 3w_CIMG1319 slogan_R0016015apple_R0016065

詳細はこちら

Sugita’s Tweets

連絡先:
〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地2-3-13
若杉大阪駅前ビル7階
tel/fax:06-6131-7861

地図はこちら
お問合せ