ゼータコンサルティング株式会社

道徳モジュールはインストールできるか?(2019.12.25)

ロリケン第6回の教材は『ロボットからの倫理学入門』(久木田水生他、名古屋大学出版会、2017年)。

「ロボットは道徳的になりうるのか」を議論することで現代の道徳哲学を概観し、人間とは何かに迫った好著である。

詳細はこちら

銀行は消滅するのか?~孫正義氏の描く未来 (2019.12.8)

昨日、24回目の桜橋ビジネス勉強会を開催しました。テーマはソフトバンクのビジョンファンドと中国杭州旅行の報告。孫正義さんに率いられたビジョンファンドは、彼が描く未来像を端的に示しており、いわゆるユニコーンと言われるAI技術を持った会社に投資をしています。

I organized the 24th Sakurabashi Business Workshop yesterday. The topics were SoftBank ’s Vision Fund and the report of visiting Hangzhou in China. Vision Fund is leaded by Mr. Masayoshi Son of SoftBank Holdings and representing his view about the future. He has invested companies with AI technology, so-called unicorns.

IMG_0419

詳細はこちら

第24回 桜橋ビジネス勉強会(2019/12/7)

無事終了いたしました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

孫正義氏はどんな会社に投資しているのか?

今年4~6月、ソフトバンクグループ(SBG)が全世界の主要企業の増益額でナンバーワンになったという記事がありました(日本経済新聞8月20日)。アルファベット(グーグル)を抑えて堂々の一位。中国のアリババ株の売却が増益の主要因とのことで、SBGは通信関連の事業グループというより孫正義氏率いる投資会社と見るべきでしょう。

投資活動の中核である「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」は、「AI(人工知能)の投資機会を総取りする(週刊ダイヤモンド2019/8/10・17号)」という同氏の熱い思いのもと、1号ファンドを17年に立ち上げました。投資先は80社以上、運用規模は約11兆円です。現在は2号ファンドの出資者を募っている段階で、すでに1号ファンドを超える金額を集めています。出資者はアップル社やマイクロソフト社などの“老舗”IT企業、サウジアラビアなどの中東諸国、さらには日本のメガバンクと、世界のベンチャー投資マネーの結節点とすら言えるでしょう。

投資先は、米・ウーバー・テクノロジーや中国・滴滴出行(DiDi)のような有名な企業から、米・WeWorkのようなシェアオフィス運営会社(ここはいろいろと問題がありそうですが)、さらには印・FirstCryという、日本人にはなじみのないベビー用品通販サイトなどと、多岐にわたっています。すべての会社がハッピーエンドになるとは思えませんが、いくつかの会社は未来のキープレーヤーになっていくはずです。

今回は、同氏がどのような会社に投資しているのかをつぶさに探り、どのような点に魅力を感じているのか、さまざまな報道資料から読み解きたいと思います。未来を占う“水晶玉”をのぞき込む気持ちで、孫正義氏の描く未来を共有する場にしたいと思います。

※なお、11月初旬に中国杭州視察ツアーに行ってまいります。杭州はアリババ本社が所在する大都市で、アリババ経営の「未来型ホテル」に宿泊し、現地の先端的な小学校にも訪問予定です。そのご報告もさせていただきます。

PDFのパンフレット

●日時:2019年12月7日(土)14:00~17:20

●会場:若杉大阪駅前ビル7階会議室(弊社オフィスの隣の部屋です)

中国杭州市に行ってきました (2019.11.11)

本日11月11日は中国のECセールの日。1日で3兆円ほど売り上げるそうです。
その中国ECのトップシェアサイト、「タオバオ」を運営するアリババグループの本社を見学してきました。

November 11th is the day of EC sale in China. It seems to sell about 3 trillion yen a day.
I visited the headquarters of the Alibaba Group last week, which operates the top share site of China EC, “Taobao”.

DSC01812 DSC01821

詳細はこちら

『現代思想 2018年3月号 物流スタディーズ』(2019.8.7)

多くは採れない美味しい野菜が地元で流通している。

その評判がいつしか東京に伝搬して、見知らぬバイヤーなんかがやってきて注文が殺到する。

高い価格でも買いたい人がいるから値段が上がる。

そんなことで地元の食卓には上らなくなる。

東京にはライバルがたくさんいるので、生産者は形をよくしたり梱包を工夫したり、ネットの直販も始めたりする。

詳細はこちら

Sugita’s Tweets

連絡先:
〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地2-3-13
若杉大阪駅前ビル7階
tel/fax:06-6131-7861

地図はこちら
お問合せ

アーカイブ