ゼータコンサルティング株式会社

イノベーションは、劇的なコストダウンとして世の中に現れる(2018.9.9)

土曜日の桜橋ビジネス勉強会でZOZOスーツを取り上げました。ゲストスピーカーは元ワコール人間科学研究所長の篠崎さん。ヒトの体を測り続けてきた大御所の目でZOZOスーツの可能性を語っていただきました。

氏の評価は、まさにアパレル業界のゲームチェンジャーであると。服を作るうえでZOZOスーツの計測制度は必要十分。少し前まで数百万円かかっていたサイズ計測装置が、スマホの活用でタダ同然になったようなもの。これで受注生産が普通になれば、宿命的に在庫問題に悩まされ続けてきたアパレル業界の採算構造が変わる。イノベーションは、劇的なコストダウンとして世の中に現れるということですね。

IMG_7654shinozakisan

詳細はこちら

桜橋ビジネス勉強会#19

【1つのテーマをみんなで考え、ワイワイと意見を交換する勉強会のご案内です】

ZOZOスーツは革命を起こすのか?

国内アパレル業界において目下絶好調なのがネット通販サイト「ZOZOタウン」を運営するスタートトゥデイ社。社長の前澤友作氏は剛力彩芽さんとのワールドカップを観戦したり、プロ野球参入意向を表明したりとなにかと話題ですが、ビジネス的には全身の詳細サイズが計測できるZOZOスーツが注目です。これにより、自分サイズのオーダー服を簡単に注文することができます。

ZOZOTOWNでは、当初から服のサイズを自社で計測するなど、サイズに対するこだわりを持っていました。実物を見ることのできないネット販売において、サイズが重要な情報であることを察知していたからでしょう。 S/M/Lなどの標準的なサイズ展開が当たり前のアパレルにおいて、このオーダーシステムはアパレル業界に革命を起こすのでしょうか。

勉強会では、雑誌記事や映像資料などからネット通販市場を勝ち抜いてきた経緯やさまざまな打ち手をレビューします。座長のZOZOスーツ利用およびオーダー服購入経験もご紹介します。さらに、株式会社ワコール人間科学研究所の元所長の篠崎彰大氏(現・双葉商事株式会社 企画統括KCO)から、サイズ計測と衣服設計・製造のエンジニアリングについてレクチャーいただきます。

低迷が続く国内アパレル業界における新機軸になるのか、あるいはライバルをけちらす新たなガリバーの出現なのか、この新しいビジネスモデルの成否について議論したいと思います。

※事前知識は必要ありません。座長がレジュメを用意します。

PDFのパンフレット

●日時:2018年9月8日(土)14:00~17:30

満員御礼で無事終了いたしました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

出光興産と昭和シェル石油 (2018.7.22)

かねてから話題になっていた出光興産と昭和シェル石油がようやく統合するようだ。

統合には大株主の創業家が反対をしていて、しばらく暗礁に乗り上げていた案件。

経営統合に反対していた創業者一族を説得した功労者が、村上ファンドの村上世彰氏と聞いて驚いた。

詳細はこちら

万引き家族、遅ればせながら(2018.7.16)

大阪の地震の影響で近隣のいくつかの映画館がいまだに閉鎖中。

なので大混雑のエキスポシティの映画館で遅ればせながら『万引き家族』を見る。

1日5回上映で、中規模のシアターが7割ほどの入り。老若男女、幅広い客を集めている。

カンヌで最高賞を受賞し、安藤サクラの演技も絶賛(→わたしも同感)されている作品に対し、批評めいたことは書き(け)ませんが、思ったことを少々。

詳細はこちら

ラコリーナ近江八幡 (2018.7.14)

建築家のモチヅキさんのご厚意で、和菓子の「たねや」が運営する「ラコリーナ近江八幡」を見学する。

甲子園球場3個分の広大な敷地の中に、ショップ、飲食店、農園、たねやの本社がある。

「自然から学ぶ」という経営トップの理念のもと、妥協のない徹底的に機能的かつコンセプチュアルな空間である。

本社に隣接するショップや農園は、事業のバリューチェーンを可視化する装置にもなっていて、社員教育の教材になっている。

詳細はこちら

Sugita’s Tweets

連絡先:
〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地2-3-13
若杉大阪駅前ビル7階
tel/fax:06-6131-7861

地図はこちら
お問合せ

アーカイブ