COMPANY's Dr. LOG

桜橋ビジネス勉強会

第30回 桜橋ビジネス勉強会[2021/4/10開催]

【オンライン参加も可能!】
K-POPはなぜグローバルに愛されているのか?

活発な意見交換の中、終了いたしました。参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

昨年8月、韓国のポップアーチストのBTS(防弾少年団)が、米国Billboardのメイン・シングル・チャート「Hot 100」で1位を獲得しました。外国語の曲としては史上初めてのことです。また、日本でも、韓国人のプロデューサーが企画したNiziU(ニジュー)が、“正式デビュー前に”紅白歌合戦に出場し、話題になりました。K-POPアイドルへのまなざしは、若年層を中心に世界レベルで熱く、かつ確かなものがあるようです。

そんな中、BTSをマネジメントするBig Hit Entertainment(BHE)社が韓国の株式市場に昨年上場し、ビジネスの実態についても積極的に情報発信し始めました(昨年度の売上は約560億円)。その機に乗じ、今回の勉強会ではグローバルに積極展開するK-POPのエコシステムと、BHE社の経営戦略を探ろうと思います。

勉強会では、座長より次の3つの視点で情報を提供します。

① ビジネスモデルの視点: タレント発掘およびマネジメントシステムと収益源の多様化
② 顧客獲得の視点:  「YouTube型アイドル」としてのファン(顧客)との距離感
③ コンテンツの視点: グローバルな支持を得るタレント性、メッセージ性

なお、下記の資料を主に参照する予定です。
・Harvard Business School “Big Hit Entertainment and Blockbuster Band BTS: K-Pop Goes Global”/2020年8月
・Big Hit Corporate Briefing with the Community (2H 2020) (決算発表動画) /2020年8月
・ユリイカ2018年11月号 特集=K-POPスタディーズ――BTS、TWICE、BLACKPINKから『PRODUCE101』まで…いま〈韓国音楽〉になにが起きているのか

生活者の価値観や消費行動が、GAFAの台頭やSDGsへの共感などで、どんどん世界共通になっています。これからは、たとえ日本国内のビジネスであっても、グローバルな世界観が必要だと感じています。K-POPの華やかなビジネスを教材にし、これからのビジネスを考える場にしたいと思います。

●日時:2021年4月10日(土)14:00~17:20

一覧へ戻る